735288
消防設備の相談室・NBS-BOARD
携帯電話対応
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
長年にわたりご利用いただいてきたBBSですが、いたずらの書き込みが多いため、新規投稿を休止しています。 今は、SNSなど、さまざまなツールで人がつながり、情報が交換できるようになりました。
再開するか少し検討させてください。過去ログはご覧いただけます。 弊社に関するお問い合わせは、問い合わせフォームからお願いいたします。

渡り廊下感知器 投稿者:大口 投稿日:2015/06/30(Tue) 09:38 No.3521  
木造2棟が渡り廊下で接続しています。木造、長さ2間です。廊下10mは不要だと思いますが、いらないのでしょうか


Re: 渡り廊下感知器 チッカム - 2015/07/04(Sat) 12:10 No.3534  

廊下については一般的に10m以下であれば感知器の設置は不要です。
また、消防法施行規則第23条5項に廊下の煙感知器設置が規定されてますが、『◯◯の用途に限る』と限定しており、学校などの廊下は省かれてますので、防火対象物の用途によって不要になる場合もあります。
ただ、渡り廊下で接合した場合、1棟とみなすか、別棟とみなせるのか、それにより消防設備の設置にも影響します。
ここまではあくまで一般的な話で、地域によって条例で基準を厳しくしてたり、廊下に棚等設置して廊下以外の用途とみなされて未警戒とされるような例もあります。やはり一概には判断出来ないと思いますので、所轄消防に相談された方が間違いないと思います。


非常警報器具 投稿者:消防見習い 投稿日:2015/06/24(Wed) 13:57 No.3506  
質問です。

たまに自火報設備と非常警報設備がついてる建物がありますが、非常警報は自火報表示灯の回路しかもっていません。

なぜ自火報設備があるのに個別で表示灯のみ非常警報設備としてあるのかわかりまりません。

バッテリーの問題でしょうか?


Re: 非常警報器具 NBS-T - 2015/06/24(Wed) 20:27 No.3507  

おそらく建物としては非常警報設備が必要で、
非常警報よりグレードの高い自火報を設置してると思います。
発信機を押してベルが鳴る仕組みとしては一緒で、
プラスで感知器も設置出来るので自火報の方がお得な気がしますが…
実は非常警報と自火報で比べた時、
非常警報は停電時の表示灯点灯(バッテリーバックアップ)が必要なため、自火報受信機では機能上カバー出来ません。
そのため、自火報と非常警報の混在になってるのだと思います。


高所作業について 投稿者:転職組 投稿日:2015/05/29(Fri) 02:54 No.3487  
消防設備点検業で働き始めて1年半になる新米です。
6メートル位の高さにある感知器の交換などをする時、皆さんは
二連はしごなどで作業されますか。もしくは作業台などを
会社で準備されてますか。
弱小会社なので作業台が無く、二連はしごで作業したことがあり怖い思いをいたしました。
普通の会社ではどうしてるのだろうかと思い、質問させていただきました。


Re: 高所作業について NBS−A - 2015/05/29(Fri) 08:07 No.3488  

転職組さん こんにちは
二連はしごが梁等にしっかり掛けられて、しかもキズとか痕が残らない場合は使ったりしますが、大概感知器は梁や壁から離れて部屋の中心近くに有ります。それは感知器の設置位置に制限が有るからです。感知器の真下に高所作業車を置くスペースがあれば電動の作業車を使ったりします。(高所作業車は当社HPのFacebookに載ってます。)真下にスペースが有るけど、その場所まで高所作業車が持っていけない場合(EVが無く1階では無い、EVに乗らない等)は組立式の作業台(ローリングタワー)を使います。ただし感知器のベースを変えないでヘッドのみ交換の場合は脱着器を使う場合も有ります。脱着器はメーカーによっても違うし感知器によっても種類が違うので注意が必要です。11mまで脱着器での交換経験が有りますが、大変でした。遠すぎてほとんど感知器が見えません。


Re: 高所作業について 転職組 - 2015/05/29(Fri) 11:11 No.3489  

NBS-A様早々のご返信ありがとうございました
やはリ安全第一で作業されているんですね
今度会社に掛け合って作業車なり作業台をレンタル
してもらおうと思いました。
昨日初めてこちらのHPを拝見いたしまして
大変勉強になりました。
これからも拝見させて頂きます。


住戸用自火報・共住用自火報 投稿者:ホックション 投稿日:2015/02/10(Tue) 19:31 No.3355  
はじめまして。
毎回こちらで勉強させていただいております。

お聞きしたいのですが、
住戸用自火報と共住用自火報の判別の仕方を教えていただけないでしょうか??
それに伴い通常の自火報の点検票が付随する場合もありますよね?
そのあたりがよくわかりません。
どうかご伝授ください。
宜しくお願い致します。


Re: 住戸用自火報・共住用自火報 NBS-T - 2015/04/25(Sat) 20:20 No.3457  

住戸自は共同住宅の各室に受信機(インターホン盤)が設置され、
感知器の発報でその住戸のみが鳴動する一部屋完結が基本です。
共同住宅用自火報は管理室などに住棟受信機がメインで設置され、
各室の受信機(インターホン盤)からの火災確定信号を受信すると、
出火階・直上階の該当住戸を一斉に鳴動させるのが一般的です。

住戸自なのに、共用部に感知器や発信機があり、普通の受信機が設置されている場合もありますが、それは住戸自+非常警報として設置されています。
機器は火報の発信機でも、あくまで非常警報用なので、
停電時に受信機バッテリーだけでは容量が足りず、別にバックアップを設けたりします。
非常警報は火報と違い、停電時に表示灯点灯が必要だからです。

点検票は住戸自+非常警報、共同住宅用自火報と専用書式があります。
住戸自で非常警報代わりに自火報が設置されてる場合、ついつい共用部分を普通の火報点検票にしがちですが、厳密に言えば、発信機・ベルは非常警報なので住戸自+非常警報が正解。
共用感知器があれば、感知器についてのみ普通の火報扱いになるでしょう。
共同住宅の特例は様々改正されてきたので、建物の竣工当時の基準によります。様々なパターンで設備が設置されてるので、点検票自体が全てに対応しきれてないと思います。

私の知らないパターンもあると思うので、あくまで参考までに。


区分鳴動 投稿者:防災業見習い 投稿日:2015/03/23(Mon) 21:59 No.3409  
区分鳴動について教えてください。
通常の地上階や地階で火災が発生した場合の出火階&直上階での鳴動は理解しています。
わからないのは竪穴区画です。
階段等の竪穴区画で発報した場合は鳴動はどのように鳴るのでしょうか?

区分鳴動の条件に該当し、かつ、1以上の竪穴区域の警戒が存在する物件です。


Re: 区分鳴動 ホー機知 - 2015/04/04(Sat) 13:13 No.3418  

竪穴区画は鳴動しなくてよい!

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |

NO: PASS:

- KENT & MakiMaki -
携帯用改造:湯一路