消防設備点検、防火対象物点検、消防設備工事、住宅用火災警報器・消火器等消防機器販売など、消防設備のことならNBSへ。マンション、団地、ビル、学校など実績多数。
現場スタッフは全て消防設備士資格保有者(乙種6〜7類、甲種特類・1〜7類、点検資格、電気工事士)です。なんでもお気軽にご相談ください。
home  
NBS業務内容 NBSの会社案内 消防関連情報
会社案内
会社概要
地図
スタッフ紹介
リクルート
消防設備士日誌
 
NBS試験情報Blog
お問い合わせ/お見積り
アドバイザー派遣
業務内容
消防相談室(bbs)
FAQよくあるご質問
 

新たな年を迎え、今年もNBS社員一丸となり誠意を持って仕事に挑んでいこうという気持ちで士気があがった1月でした。去年から勤めている新人2名も日を追う毎に仕事にも慣れてきて、力をつけてきているように感じます。杉本が乙6試験に受かって見習いから新人へステップアップし、古橋も見事甲5に合格。着実に資格を取得してくる後輩たちのパワーに負けないように、私も次の資格取得(甲種1類)に努めていきたいと思います。また、この作業日報を楽しみにしているといった声をいただきありがとうございました。本当に毎日の日誌そのままですので、見苦しい点もあるか思いますが、NBSスタッフの奮闘を見守ってくだされば幸いです。/渡部
※日誌の末尾にある(F)は新人、(W)は先輩が書いたものです。

                             
一回一回の点検を大事に
1月12日木曜日/晴れ 

今週は大規模ビルの消火器点検が数日続いていました。建物の大きさの点でもセキュリティーの厳しさの点でも初めての体験でした。現場が迷路みたいにとても複雑なので、事前に図面を叩き込み、先輩に道順を聞きながらの作業でした。自分は消火器の点検、交換を行いましたが、事務所で準備をしていたときに説明を聞いて漠然としかわからなかったことが、現場に出てると一目瞭然で理解できた場面があり、いいケーススタディになりました。このように大きな現場では全ての作業を一人で行うことができないため、一通り経験するということが難しいと思うので、一回一回の点検で様々なことを吸収して最終的には全ての事を分かるようになっていけるようにと思っています。今は消防設備に関しても、現場の事に関しても覚えていくことがとても楽しく、新鮮なので、今の気持ちを忘れずに続けていきたいと思います。このような気持ちで仕事をしていけているのも先輩方が真剣に教えてくれているおかげなので、自分も先輩方のように後輩を指導していけるように頑張っていきます。( F )



住民に学ぶ危機管理意識の高さ
1月15日日曜日/晴れ 

今日は1100世帯もあるマンションの緊急用の水とカンパンの納品があった。さすがにこれくらいの世帯数ともなると運搬から仕訳、配布などに苦労したが、なんとか無事に終了できた。これほどの世帯数があるのにもかかわらず、急用の方を除いてほとんどの人達が水とカンパンを取りにきてくれ、自治会や居住している方々の危機管理の意識の高さには見習うものがあると感じた。今回カンパンを試食する機会があり、子供の頃に食べた味がなく硬いカンパンとは違い、味も甘みが増して食感も変わって美味しくなったように思う。非常食の試食しておくことは緊急時の疑似体験になり、安心感につながると思う。機会があったら提案してみたい。(W)


page top
積雪で気づいた意識の甘さ
1月21日土曜日/雪 

朝起きると天気予報通り雪が降っていた。「すぐやむだろう」と思っていたが、一日降り続き、結果的に20センチの積雪になった。交通機関が麻痺してもおかしくない程の雪だったが、幸い点検場所への往復には支障がなくほっとした。また、点検先では雪のため、皆さん在宅されていて、点検効率が通常よりよくて助かった。それにしても、何年も関東地方に雪が積もっていないとはいえ、予報で「雪」と出ていてもなんの対策も取らなかった自分の意識の低さを考え直さなければいけないと痛感した。(W)       



見習いの試験 New! 
1月24日火曜日/晴れ 

この間の日曜日に新人の乙種6類の試験があった。本人は試験の手応えが良かったようなので安心しているようだが、色々と質問をしてみるとまだまだ設備士としての知識にはほど遠いように感じている。しかし試験に対する姿勢はたいしたもので、前日は徹夜をして試験に臨んだということ。前日の徹夜がいいとは思わないが、どうしても受かりたいという根性は買いたい。消火器の点検の補助として彼を使ってきたが、点検先で消火器を見つける能力は誰にも負けないぐらい早く、目を見張るものがある。消防設備士にかかせない想像力があるのだろう。今後は資格取得と同時にもう一度テキストなどを見直して、現場で使える知識を増やし、立派な消防設備士になってもらえればと考えている。(W)


page top
消火器がかくれんぼ
1月28日土曜日/晴れ 

前もそうだったのですが、大きな倉庫の点検では、消火器を点検する際に、どこに消火器があるのかが分からなくなる場合があります。しかし、先輩はすぐに見つけることができます。くやしいですが、今月乙6を受けたばかりの後輩に時々負けます。このようなはじめての倉庫では、消火器が段ボールなどいろいろな物に隠れて見えなくなっている場合があるので、消火器が置かれていそうな場所、消火器の表示、あらゆる角度から場所の見当をつけていかなければならないと先輩がアドバイスしてくれました。そういわれてみれば自分は、下を見ながら消火器を探していたなと思い、次回からは教えてもらったことを実践していこうと思います。また、教えてもらうだけではなく、なぜ出来ないのか、なぜ出来なかったのかを自分でも考えて、自分で解決出来ることは解決していこうと思います。
また、消火器が隠れていると、そこで働いている方達もいざというとき、消火器を探すことになってしまうので、全ての方達が分かるような場所に設置し、消火器が隠れないようにしていただくよう使用者の方にお願いして行きたいと思います
。(F)      


page top▲ 
 Copyright (C) NBS Engineering Inc. 1988-2008
 NBS エンジニアリング株式会社 〒279-0012 浦安市入船4-1-11 TEL047-350-5675 FAX047-380-0685