消防設備点検、防火対象物点検、消防設備工事、住宅用火災警報器・消火器等消防機器販売など、消防設備のことならNBSへ。マンション、団地、ビル、学校など実績多数。
現場スタッフは全て消防設備士資格保有者(乙種6〜7類、甲種特類・1〜7類、点検資格、電気工事士)です。なんでもお気軽にご相談ください。
home  
NBS業務内容 NBSの会社案内 消防関連情報
会社案内
会社概要
地図
スタッフ紹介
リクルート
消防設備士日誌
 
NBS試験情報Blog
お問い合わせ/お見積り
アドバイザー派遣
業務内容
消防相談室(bbs)
FAQよくあるご質問
 

毎年この時期は他の月に比べると工事が多く、3月中に竣工や引き渡しといった物件が立て混みました。日々の点検に加え多数の工事をこなさなければならず、新人達には肉体的にきつい月になったかもしれませんが、2人共に体育会で培ったガッツで乗り越えてくれたように思います。忙しい月を乗り越え、新人達にとっても良い経験になったのではないでしょうか。私にとっては新しいシステムの自火報の工事を行えたことに手応えを感じ、充実した月になりました。この経験をまた次の新しいシステムに繋げていきたいと思います。/渡部
※日誌の末尾にある(F)と(S※今月から登場)は新人、(W)は先輩が書いたものです。

                             
知らないことはこれから知ること 
2月3日金曜日/晴れ 

今週は事務所の在庫整理にともない、事務所内に棚を作りました。整理をしていると、今まで見たこともないような工具や照明器具がでてきて、何に使う物なのかとても興味をひかれました。このほかにももっとあるのだろうと思います。出来るだけたくさんの工具の名前を覚えていかないといけないと感じると同時に、その一つ一つの使い方を覚えて行くことが楽しみにも思えます。また、書類の整理整頓をしているときにも、多くのメーカーから出されている分厚いカタログが何十冊とあり驚きました。一つ一つしか覚えていくことが出来ませんが、覚えるだけでなく、その機能や他製品との比較など、現場で使える知識を得て、一人で一通りのことをこなしていける消防設備士になれるように頑張っていきたいと思います。( F)



はじめての長竿 
2月8日水曜日/晴れ 

今日の火災報知器の点検では、私の補助として新人・Fに長竿の加熱試験を行ってもらった。はじめての作業だったため、感知器の周りでフラフラしていてなかなか感知器までたどり着けない姿に、思わず笑ってしまったが自分が初めて長竿で加熱試験を行った頃を思い出し懐かしく思えた。他の物件ではもっと大変な脚立に乗っての、煙の長竿での加煙試験もあるので長竿の使い方には慣れさせておく必要があるように思った。特訓したいと思う。(W)


page top
新製品のテスト 
2月9日木曜日/晴れ 

新人がBBSにも書き込んでいたが、昨日の夕方に消火器メーカーの営業さんが来社して「消火器の薬剤を新しくしてみましたので使ってみて下さい」と自慢気に商品説明をして3kgの消火薬剤のサンプルを1袋置いて帰った。せっかくの新製品。消火薬剤の詰替に関しては、NBSの中で一番経験を積んできたと自負しているので、是非やってみたいと名乗り出て早速詰め替え試験を行ってみた。薬剤を入れ始め途中までは今までのものと変わらなかいように思ったが、粒子が細かいせいかスムーズに入って行き、最終的に従来品の半分ぐらいの時間で作業を終えることができた。しかもあふれる事もなく、新人と2人で目を見張った。消火器の粒子が細かい事は、私たちの作業効率が良くなるだけでなく、消火の効果も高くなるはずである。近いうちに放射テストで試してみたいと思う。( W )



欠点を見直して頑張りたい  
2月10日金曜日/晴れ 

今日は自火報・消火器・誘導灯の改修工事にいきました。どこから改修したほうがよいか、どのように改修した方が良いのかを段取りよく行わなければいけなく、先輩の指示に従いながら手元作業を行いました。今後は出来るだけ、先輩の先を読めるようにして作業をしていきたいと思います。今週は社長をはじめとして、先輩、後輩に、自分の性格を気づかせてもらった週でした。集中しすぎて周りが見えなかったり、慎重さの度が過ぎて何度も確認し遅れをとったり、「集中力や慎重さは悪い事ではない」と社長にも言っていただけましたが、やはり集中していても周りを見て、慎重にしっかり確認したら不安に思わないなど、自分の欠点を見直し、来週からは気持ちを入れ替え頑張っていきます!!(F)


page top
新人の初日誌  
2月18日土曜日/晴れ 

今日は先輩に誘導灯の点検を教わった。消火器と違い力加減が難しく、型も様々な物があり、繊細さが非常に必要な作業だと感じた。また、誘導灯は火事が起こった際には、煙に巻かれ避難する人にとって一番重要な役割を担う消防設備だと教わった。極限状態の中、避難してくる人の立場を考えれば、当然慎重に仕事をせねばならないと思ったし、気になったことや不自然だと感じることが少しでもあれば先輩に質問することを絶対忘れないよう心がけたい。消火器とともにしっかり極められるよう前進していくぞ!
誘導灯とほぼ並行して、線の皮の剥き方を教わり始めた。今まで先輩が感知器の取り付け工事などをやってるのを見てきて、正直皮を剥くことぐらい昔理科の実験かなにかでやったことがあった記憶もあり、自分でもすぐ出来るだろうと思っていたが、これもまたコツが必要で、剥いた中にある線に傷を付けずに作業することにてこっずている。こんなはずでは・・・・。空いてる時間を見つけてマメに練習するようにし、工事の際に少しでも手伝いが出来るようになって役に立つようにならなければ。(S)      



思いがけなく苦戦  
2月21日火曜日/晴れ 

今日は新人2人を補助として3人で感知器の増設工事を行った。増設する感知器の個数も少ない事もあり自分も多少の気持ちのゆとりがあったが、最初の感知器の配線ルートを見たとたんに余裕がなくなった。隣室の感知器から増設部分に配線を送るのだが、感知器近くの点検口から感知器を増設する部屋を覗き込むと、その間には大きな梁があり梁にはスリーブもなく梁下に電線を1本通す程しか余裕がなかった。埋込の照明を何台か外してなんとか配線を通す事ができた。新人達にも感知器を取り付ける事だけではなく配線を通す事もこれほど大変な事もあるといった良い経験になったと思う。今後この2人が自分の立場になったとき、今日の経験を少しでも生かしてもらいたい。(W)


page top
新人の初失敗  
2月24日金曜日/晴れ 

今日、点検の後、他の場所で消火器の詰替が一本あり、粉末をまき散らす大失態を犯した。自分では気付かないどこかに油断があったとしか言いようがない。今回のことはしっかりと反省し、今後の自分の成長の糧にしていかなくては意味がないのだ。喝!!
ついに乙六の消防設備士免状が届いた。今までは補助だったが、今日から自分の名前で消火器の点検を行うようになり、まさに身の引き締まる思い!という感じだった。まだ消火器に自分の名前を書くことに違和感があるものの、やはり一人の消防設備士として点検できるのはうれしい。消防設備士としても一人の社会人としても、自分はまだまだ未熟だが、今まで以上に責任を持って一つ一つの点検を行っていこう!(S)      


page top▲ 
 Copyright (C) NBS Engineering Inc. 1988-2008
 NBS エンジニアリング株式会社 〒279-0012 浦安市入船4-1-11 TEL047-350-5675 FAX047-380-0685