消防設備点検、防火対象物点検、消防設備工事、住宅用火災警報器・消火器等消防機器販売など、消防設備のことならNBSへ。マンション、団地、ビル、学校など実績多数。
現場スタッフは全て消防設備士資格保有者(乙種6〜7類、甲種特類・1〜7類、点検資格、電気工事士)です。なんでもお気軽にご相談ください。
home  
NBS業務内容 NBSの会社案内 消防関連情報
会社案内
会社概要
地図
スタッフ紹介
リクルート
消防設備士日誌
 
NBS試験情報Blog
お問い合わせ/お見積り
アドバイザー派遣
業務内容
消防相談室(bbs)
FAQよくあるご質問
 

G・Wの社員バーベキュー大会で会社全体の絆を深めることからはじまった5月。清々しい日々が続き、点検も気持ち良く動けます。今月は通常の点検はもちろん、テナントの改修工事やマンションの緊急遮断弁の工事もありました。工事補助として新人達も工事に参加していますが、まだまだ知識が足りない所や社内講習会がいかされていない部分があり、教えた側の責任も感じます。今後の工事では、工事を行った場所で一つでも新しい知識を覚えて帰る事、覚えた事は忘れない事を肝に命じて、新人達に頑張らせたいと思います。4月から入社の塩田君も甲種1類を取得し、古橋も電気工事士の試験へ向けて、勉強が進んでいます。そして自分も…。
それぞれが新しい目標に向かって歩き始めた5月です。
命を守る仕事なんだ(S)
5月1日月曜日 
午前中の点検先は、自分がNBSにきて初めて点検した物件だった。このマンションは小さな子供がいる家庭が多く居住している。自分にはまだ子どもがいないが、可愛い甥っ子がいて、テレビや新聞で幼い子どもが火事で犠牲になった報道を見聞きするとほんとたまらない気持ちになる。なぜ未然に防げなかったのか。遠く離れた場所にいる自分には本当に何もできなかったのか…。だから、子どもが多いマンションはいつも以上に気合いが入る。何も罪のない人や子どもが犠牲になるのは絶対納得いかない。感知器一つ炙るにしてもわずかな変形を見落とさないぞ〜とやっていたら、やたら目が乾いてしまった。今回の気合いの入れ直しが、最近慣れが出てきている自分に気付くきっかけになった。これからも、自ら気持ちを引き締められる自分をしっかり持っていきたい。人様の命に関わる仕事をしてる以上、これからも今の気持ちを大切にしていきたいと思った。(S)

うらやすマンションフォーラム2006 (W)
5月6日土曜日 
7月1日にうらやすマンションふぉーらむ2006が新浦安駅前市民プラザウェーブ101で行われる事となり、浦安市防災設備協同組合の一員として参加する事となった。浦安市長や財務副大臣の話を聞けるシンポジウムや防災関連の展示会も行われるということ。防災備蓄品の状況や課題、災害時において自分達がどのような対処をすればよいのかなど、わが街、浦安市の現状を市民としてそして防災に関わる人間の一人として、確認して来たいと思う。フォーラムは無料なので、多くの市民の皆さんに参加して欲しいと思う。(W)

点検のイメージトレーニング (S)
5月10日月曜日 
5月に入って、2回目になる点検現場が多くなってきた。ちなみに今日の点検先は、管理会社の担当のNさんと初めて会った現場で、車に乗っている間は思い出せなかったが、現場についた瞬間、半年前に緊張して挨拶した自分の姿をリアルに思い出した。点検をはじめると、結構1回目の時のことを覚えていて、半年なんて本当あっという間だと感じた。だが、しかし、あっという間にきた2回目の点検だが総合盤を開けると半年の間に意外と埃が積もってたりして、埃も積もる様に、自らも消防設備士としての知識を積もらせていかなければ・・・と考えたりした。二巡目に入ったのだから、現場までの道程も覚え、現場につくまえに、点検先のイメージトレーニングができるくらいにならないとと思う。(S)

ひとつひとつの点検先の印象を深める (F)
5月12日金曜日 
今週は点検先が2回目というところが多かったのですが、 物件名だけでは思い出すことができないところもありましたが、大きな物件、大変だった物件、それに失敗して怒られた物件(笑)は、すぐに思い出すことができました。以前点検では消火器がメインだったので、他の設備はどうなっているのか、全く分からなかったのですが、今は避難器具や受信機の設定・復旧などを行うようになって、以前より点検先に深みが出てきて、ひとつひとつの物件の印象もより強くなるように感じます。 いろいろな設備を点検して、物件全体の設備の状況を把握できるようになりたいです。(F)

page top
生きる人間国宝の職人技 New! (S) 
5月18日木曜日 

15日遠藤さんと工事に行った。改めて、遠藤さんの動きには本当に無駄がなく、この場面ではどの判断で何が必要なのか、その場その場ので早く的確な判断に感服。勉強になります。階段の下り方にまで無駄がない。階段を下りて右に行くとするとなら下りるときから半身体を右にねじっていたり・・・。動きがふつうじゃないんです。本当。
また、午後は他の現場に合流し、NBSに入社してから初めてプロジェクトNBSに登場している長井さんの配管工事を見た。3種類のベンダーを使い、あんなに固い配管を微妙な力加減で、顔色一つ変えず曲げていく。何ミリ何センチの調整も早いし正確で、生きる国宝です。(S) 


経験の積み重ねを大事に New! (F)
5月23日木曜日 
今日は遠藤さんと配線工事に行きました。遠藤さんの工事には毎回驚かされますが、スピードも正確さもあり、自分は考えている暇もないうちに「次はここ」「その次はあそこ」と指示をうけ、いつの間にか工事が終了しているという状態でした。今はなんとか、電気工事士の勉強をしているおかげで「ホルソ持ってきて!」とか道具の名前を出されたときに「あれだ!」と分かり、持ってくることができるようになり、ちょこっと嬉しく感じているくらいです。まだ全然周りが見えていないし、焦ってしまう時があるので、短時間で落ち着いて考え、確かな工事や点検をして行きたいと思います。色々なことをやりだして仕事に対してのおもしろみが出てきました。今、自分が現場でできる仕事はしっかりとこなしていき、何度も経験を積んで自分のものにしていきたいと思います。 (F)


後輩の試験勉強で復習 New!  (W)
5月25日日曜日 
電気工事士の試験もあと一ヶ月をきり、毎日、古橋君も終業後に電気工事士の本を開いている。自分もそうだったように、学生の頃に電気の事は多少習ったが現在は忘れてしまっている状態からのスタートだったので、相当に苦しんでいるのが目に見てとれる。試験での鑑別試験のポイントや複線図の作成方法などを自分が教えて、計算問題などは電気の得意な塩田君が教えている。 コツコツと勉強していくのが古橋君の長所でもあるので、地道に点数をあげていく努力を期待している。恥ずかしながら複線図を教えるにあたって、一年の間に自分も忘れかけていた事が多々あったので、勉強の復習になって有り難かった。(W)

基本に戻って生まれた目標 New!(W)
5月27日土曜日 
本日の点検では屋内消火栓設備を集中的に行った。今まで自分では、かなり理解してきていたつもりだったが、本日の点検では社長と共に基本に戻り、構造や機能など一つ一つ確認しながら点検を行ってみると、まだまだ自分の知識の無さや現場の数が足りていないことに気づかされた。今日の点検をきっかけとして、今後はもっと知識を深めて、点検資格者ではなく、甲種1類の消防設備士として点検に挑んでいきたいと強く感じた。塩田君が甲種1類を取得した事もあり、自分もいつかと考えていたが、人が資格をとったからとかではなく、今日のように、仕事でやはり次の資格が必要だと思う日を待っていたように思う。資格を取ることが目的なのではなく、資格を取るための勉強で得た知識が仕事に必要だから取る。その気持ちを大切に勉強して行きたいと思う。(W)


page top▲ 
 Copyright (C) NBS Engineering Inc. 1988-2008
 NBS エンジニアリング株式会社 〒279-0012 浦安市入船4-1-11 TEL047-350-5675 FAX047-380-0685