消防設備点検、防火対象物点検、消防設備工事、住宅用火災警報器・消火器等消防機器販売など、消防設備のことならNBSへ。マンション、団地、ビル、学校など実績多数。
現場スタッフは全て消防設備士資格保有者(乙種6〜7類、甲種特類・1〜7類、点検資格、電気工事士)です。なんでもお気軽にご相談ください。
home  
NBS業務内容 NBSの会社案内 消防関連情報
会社案内
会社概要
地図
スタッフ紹介
リクルート
消防設備士日誌
 
NBS試験情報Blog
お問い合わせ/お見積り
アドバイザー派遣
業務内容
消防相談室(bbs)
FAQよくあるご質問
 

今年の8月は例年に比べて比較的涼しかったように思います。いくら今年は涼しいといっても流石に一年で一番暑い8月ですから、点検や工事を行っていると私を含め、会社の人間達は滝のような汗をかいていました(笑)。弊社では初めての試みとなった一週間のインターンシップも成功に終わり、高校生にも消防設備の大事さを伝えられたように思います。月末にはマンションの住宅用火災警報器取付工事を行いました。今までも施工について経験はあったのですが、会社全員が今回の工事を経て、NBSの人間が行けば、天井や壁がどんな材質であれ何処も同じ施工が出来るといったレベルになれたのではないかと感じます。住警器の施工には免許が不要なので、いつも手元としている2人も自ら率先して工事を行っていて、いつもより生き生きとしていたように見受けられました。施工する楽しさを2人が感じたのはもちろんですが、それと一緒に責任感も持てた事が会社にとってプラスだったと感じられた工事でした。 (W)

インターンシップを終えて New!(W)
8月4日火曜日 

本日で一週間に及んだインターンシップも最終日となった。初日から点検補助として高校生を連れて点検を行い、消防設備の全てを伝えられたとは思っていないが、自分では消防設備の構造や役割を細かく説明できたと思う。彼自身、少しは消防設備の大事さを感じてくれたのではないかと感じている。 今日は今までの復習として本所防災館に連れていった。消火器の放出試験では消防設備としては一番身近な消火器の消火能力を学び、煙体験ハウスでは誘導灯の必要性を感じたと思う。一週間という短い期間だったが、色々と興味深く質問してきた事や作業を手伝う姿を見て、消防設備に対する意識がこのインターンシップを通じて変わったと感じられた。一人の学生の意識を変えられただけでも、今回のインターンシップはとても意義があると思っている。


許されない忘れ物 New! (F)
8月11日金曜日 

今日は作業する為に必要な工具を車に積み忘れるというミスをしてしまいました。忘れてしまったのは腰道具。常時決められた作業車に積んでおかなければいけないものを積み忘れてしまったのです。なぜこのようなことになったのか。現場で腰道具を車から降ろし、その腰道具を違う作業車に乗せかえ、工事に行きました。その日の作業が終わり、会社に帰ったときに腰道具を会社の自分の机の下におきました。「後で積もう」そう考えたことが間違いでした。点検、工事では、たった一つの道具がなくても、作業ができなくなってしまう、とういことを実感した日でした。又、後でやろうという気持ちでいると必ずなにか忘れてしまうことがあるので、その場でやる!を徹底していかなければいけないと思いました。


素晴らしい心意気 New!(S)
8月19日土曜日 
今月のあたまから約1週間にわたり、学生が実際に職業を体験するインターンシップがあり、一人の高校生がやってきた。一人での参加は緊張もあっただろうし、なによりこのくそ暑い時期にせっかくの夏休みを削ってまで参加した心意気がすばらしい!!
自分が学生だったら120%間違いなく参加してないし、インターンシップの存在すら知らない。ベッタリ丸一日いっしょに行動を共にすることはなかったのだが、もう少しくい付きが良くなるようなネタを用意しといてあげればよかったと後で感じた。消防設備に関するトリビア、特に10代ならジョークをチョコチョコ交えた消防設備トリビアや事件がなかったか休みの日にパソコンで検索をかけてみて探してみるぐらいのことをしておいてあげて現場での移動中とかに吹き込んであげればよかった(笑)。
今回のインターンシップが成功か失敗かは自分には判断できないが、参加したことで少しでも消防設備に関心を持ってもらって火事を防ぐ所から→火事を起こさないというところにまで気持ちがいってくれたらなと思う。

page top
偶然の再開 New! (S) 
8月21日月曜日 

先週、母校の近くにあるマンションに点検で行った。まさか・・・とは思ったが・・・まさかはまさかでなく、部屋内を炙りに行くと見慣れた顔が出てきた。大学生の頃同じチームでプレイした仲間だった。ドアを開けた瞬間一瞬時が止まったようなキョトンとした顔をしたが、その後は爆笑。同じく自分も爆笑。
人間てああいう時まず笑うんですね。笑うしかない。とりあえず、訳わかんないから笑っとけ笑っとけみたいな。せっかく気合い入れて点検してやったのに、友達に家宅侵入扱いされ散々だったが、他では経験出来ない良い思い出になった。


頭としての責任 New! (F)
8月21日月曜日 
先週の点検では、責任をもって頭で仕事をすることの重大さを感じました。
渡部さんや塩田さんがいない状態で、自分が責任を持って点検をしていかなくてはいけない!という状態になったときに、頭としていろいろなことを考えながら(気をまわしながら)点検をしていくことの難しさを痛感!お客様に迷惑はかけていないか?とりもれはないか?完了届けは?メールは?入館・退館は?張り紙は?時間は?鍵の管理…etc
指示をだす立場になって、自分でなんとかしなくてはいけない状況や判断しなくてはいけない状況になったときに的確な判断をして責任を持って業務をこなすことができるのか!?今は失敗の連続で、悔しい思い、頭がパンクしそうな思いで、気持ち良く「今日は良くできたー!」という日はありません。毎日反省点があり(本当はないほうがいいが…)、充実して仕事ができています。

住警器取り付けの工法 New!(W)
8月30日水曜日 

本日から100所帯程度の住警器の設置工事を行う事となりました。RC造の建物なので、今までの経験からコンクリート用のプラグレスビスを使用したが、このビスを使用する為には通常より深めに穴を開けなくてはならない。それに加え、深めに穴を開ける事によって鉄骨に当たってしまい刃先がダメになってしまう場所が何カ所かあった。そこで施工方法を穴が浅くてもよいプラグをいれる工法に変えた。工法を変えた理由は、プラグレスビスではその建物の竣工した年により、コンクリートの堅さが違い最後のビス止めで苦労した場所もあった。コスト面を考えると一つの感知器毎にプラグが2個づつ必要となるが、刃先がダメになり何本も必要となるよりはコストがかからないと考えた。工法を変えた後は順調に作業をすすめられたので、住警器の取付はこちらの工法をお勧めします。




page top▲ 
 Copyright (C) NBS Engineering Inc. 1988-2008
 NBS エンジニアリング株式会社 〒279-0012 浦安市入船4-1-11 TEL047-350-5675 FAX047-380-0685