消防設備点検、防火対象物点検、消防設備工事、住宅用火災警報器・消火器等消防機器販売など、消防設備のことならNBSへ。マンション、団地、ビル、学校など実績多数。
現場スタッフは全て消防設備士資格保有者(乙種6〜7類、甲種特類・1〜7類、点検資格、電気工事士)です。なんでもお気軽にご相談ください。
home  
NBS業務内容 NBSの会社案内  
会社案内
会社概要
地図
スタッフ紹介
リクルート
消防設備士日誌
 
NBS試験情報Blog
お問い合わせ/お見積り
アドバイザー派遣
業務内容
消防相談室(bbs)
FAQよくあるご質問
 


4月は先月から続いているマンションの改修工事に追われる月となりました。 K型からP型へのリニューアル工事、新しい試みですので楽勝とまでは言えませんが、住戸内も問題なく終了し、検査も無事に終了しました。 このマンションは、特例措置により、10階から下の階は、自動火災報知設備ではなく、非常警報設備になっていましたが、住戸内火災の発見が遅れてしまうとの声があり、急遽、住宅用火災警報器を取り付ける事になりました。 住宅用火災警報器の取付は、去年、県営住宅に2121個の設置工事を行っていたので、どんな状況、どんな天井でも、素早く取り付ける自信があります。 今回は、日程がタイトな中、各室、煙4個、熱1個の住宅用火災警報器を、多い日は2チームで50件ちかくもこなし、第一工期は無事終了。去年の経験が生きている手応えを感じた4月でした。         

はじめてのレスキューライン点検(A) 
4月2日月曜日 
本日、「レスキューライン」という避難器具が設置されているビルの点検に行きました。 NBSでは、前々からこの設備の点検を行っていますが、自分がそのビルの担当になるのは今回が初めて。イメージしていた物とは違ってなかなかよく考えられた設備でした。
普段は折りたたまれて、1本の柱状態でビルにくっついているので、中の人達に邪魔にならず、窓から手を出し、レバー操作1回で梯子がふり出します。その出てきた梯子は、梯子の面とふり出す面(一方の側面)が有り、それらとビルの外壁、3方向を囲まれた空間で人が降りていくので、通常の避難梯子や緩降機等と比べると恐怖心も少ないんじゃないかと思います。 避難梯子や緩降機等は各階に設置してその降下空間をずらさなければなりませんが、この設備は2階から最上階まで1本設置すればいいそうです。 もちろん各階の窓が近くにないと駄目でしょうし、上の階がセットバックしていたらそこまでの通路を確保しないといけません。 今では「特定1階段」といって、地下若しくは3階以上の階に特定用途(店舗・飲食店等)が有り、避難階段が屋内に1箇所しか無い建物は、1動作で避難開始出来る設備ではないといけないので、この設備はお勧め出来ると思います。
あえて短所をあげると、避難した後の梯子の復旧操作が意外に難しい事と、1つの操作で1階まで落ちてしまうので、下に人がいるととても危険な事です。 しかしこの2点は復旧させる私たちの知識・技術の向上と、使用するお客様の理解・訓練によって解決出来るものと思います。


部屋の感知器と私(T) 
4月12日木曜日

塩田さんが開発した『登録君1号』を使用し、 感知器作動試験及びアドレス登録・シール貼りの任務を遂行しました。 とは言っても、初めての作業に何が何だか分からない…。 カンチキノサドウカクニン??? アドレストウロク???先輩から器具の操作方法、感知器のセッティング、 一通りの作業を実際に見せてもらい、いざ開始!! あれっ、うまく感知器を差し込めない… うっ、エラー音が鳴っちゃった…。 先輩のようにテキパキできない…。 こうして1日目はただただ必死に任務を終えたのでした。
さて2日目。 早速『登録君1号』を用意し、アドレス登録する感知器の番号をあらかじめ箱の左上に記入し、 必要なシールを準備し、作業開始。 感知器の差し込み方はコツをつかんでリズムよく。 一度に5個登録し、外部試験器から遠い一番左側の感知器にもアドレスが登録されているか確認作業も忘れずに…。 1箱10個入りなので、10個の登録が終了したら登録した番号のシールを貼り付ける。 箱を閉じて左上の登録番号の右側に『済』印を押して完了。 定温式の感知器はショートさせないよう(白のコードと赤のコードが接触しないよう)慎重に登録。 作業も半ばになると効率良く作業する事や1箱に掛かる時間をもう少し短縮できたら…と考える余裕さえ出始め、感知器の登録って…んだか… 『おもしろい−−−−−−−−−−−!!』
すべての登録が終わった時はちょっぴり寂しいような気持ちすらしました。 見た目は地味で内職的な作業ですが、この作業を経てはじめてお客様の室内に取り付けられるのです。 遠隔試験機能付の感知器を取り付ける事によって、お客様が留守の時でも外部試験器での点検が可能になります。 現在、日本のサラリーマン世帯のうち、専業主婦世帯を共働き世帯が逆転するデータが発表されています。 共働きの場合、『消防設備点検を受けたくても(仕事で留守の為)点検を受けられない』事例も少なくない現状です。 今後、遠隔試験機能付の感知器が普及し、共働きのお客様の安全も確かめられ、お客様が安心してくらしていただけるようになればと願っています。


page top
連勝を止めた耐圧試験(W) 
4月16日月曜日 

本日点検の建物には消火器と連結送水管が備えられており、点検と同時に連結送水管の 耐圧試験を行う事となっていた。他のメンバーの時には、耐圧試験で漏れを発見したこともあったが、私の場合はこれまで全て成功してきた。
今回試験をした建物は乾式なので、最初に圧力をかけたのだが、屋上にて圧力があがってくる事はなく何処かで圧漏れがあるとしか考えられない状況。通常この場合は水を送りこむ事はしない(水漏れによる被害防止のため)のだが、オーナー側の希望により、3階まで水があがるかどうかの試験のみ行った。結果、いくら水を送り込んでも3階まで水があがってくる事はなかった。これにより、かなり高い確率で 埋設部分に支障がある事が判明。耐圧試験にて漏れがある場合、ほとんどが埋設部分がダメになっている事が多いようだ。この耐圧試験で私の成功の連勝も止まってしまい残念だが、火災時に使えないなどということを、未然に防ぐ耐圧試験の重要性を認識した。



page top
辞められません(N) 
4月18日水曜日 
大型集合住宅自火報改修工事の共用部工事に加え住戸内工事が始まった。楽しい!楽しくてしょうがない! BOXにはIV線が何本もジョイントされ、新築のように楽ではないが、それもまた楽しい。くたびれた感知器が、ぴかぴかの新品に変わる様も気分がいい。
居住者の方との何気ない会話も楽しい。改めて『現場好き』を再認識した。 消防設備士は点検と工事の二つの仕事があるから、飽きることがない。さすがにマンションなどの新築工事で、毎日毎日同じ作業ばかりをしていると独り言が増えたりもするが、
合間に点検に行けば、新鮮な気分で点検の仕事が出来る。点検もまた、半年のサイクルで様々な物件へ伺う。
設置されている設備もそれぞれだ。次々に、新しいシステムも設置される。管理会社の方、管理人の方、テナントの方、居住者の方、定期的にお会いするのも、楽しみの一つ。 でも、点検ばかりが続くと工事が恋しくなる。 工事の経験と知識・点検の経験と知識が相乗効果も生み、理解が深まり現場がより面白くなる。この仕事と出会って17年、まだまだ辞められそうにない(笑)。


統一させた意識と施工内容(W)  
4月26日木曜日 
今日は点検が通常より早く終わり、早い時間から工事部隊の全員が揃っていたので遠藤さんに頼み、自火報で幹線が何本かきている、総合盤での結線接続の難しい問題を作ってもらい、みんなでチャレンジすると共に、中に納める電線をいかに綺麗に納めるかも考えてみた。私自身、総合盤の接続なら数多く施工してきたが、さすがは遠藤さん、経験から随分と頭を悩ませてくれる問題を与えてくれる。その問題はクリアしたのだが、私が着目したのは電線をいかに綺麗に納めるかということ。もともとある程度の決まり事はあるのだが、現場で話し合う事はあっても、事務所に帰ってきてまでみんなで話したりするような事は無かった。今回をきっかけにしてみんなが同じように意識を持ち、綺麗に納められるようになると、また一つNBSスタイルの確立ができるのではないだろうか。
初めて訪れる物件などで、他の業者さんが施工した受信機や総合盤の結線が綺麗だと気持ちの良いものだ。入社当初によく長井さんに「綺麗にやるのもやらないのも、慣れてくると時間は変わらないよ。意識の問題だよ。いつも綺麗に納めるイメージを持ちなさい」と言われた事を思い出した。
それと同時に社長にも昔にこんな事を教わった「うまい、早い、安いはどんな時代でもニーズがある」と。そんな言葉を思い出していて、今回私が改めて感じた事は、まずは上手いを極めていこうという事。早いを意識しすぎず、堅実で綺麗な仕事をやっていこう。
もちろんいずれは、長井さん、遠藤さんのように上手くて早い技術員になっていきたい。

page top

 

 
 Copyright (C) NBS Engineering Inc. 1988-2008
 NBS エンジニアリング株式会社 〒279-0012 浦安市入船4-1-11 TEL047-350-5675 FAX047-380-0685
   
消防関連情報