消防設備点検、防火対象物点検、消防設備工事、住宅用火災警報器・消火器等消防機器販売など、消防設備のことならNBSへ。マンション、団地、ビル、学校など実績多数。
現場スタッフは全て消防設備士資格保有者(乙種6〜7類、甲種特類・1〜7類、点検資格、電気工事士)です。なんでもお気軽にご相談ください。
home  
NBS業務内容 NBSの会社案内  
会社案内
会社概要
地図
スタッフ紹介
リクルート
消防設備士日誌
 
NBS試験情報Blog
お問い合わせ/お見積り
アドバイザー派遣
業務内容
消防相談室(bbs)
FAQよくあるご質問
 


今月も大型マンションの工事は続いていますが、多少工事にも慣れてきたので効率も良くなり、通常の点検や工事とのバランスが良くなってきたように思います。
今月行った講習会でも見ましたが、HPの「プロジェクトNBS点検編」にあげた新しいタイプの避難はしご「レスキューライン」のように、最近は、新規格の消防設備が特に増えてきているように思います。私達、消防設備士はこのように変化していく消防設備に柔軟に順応していくため、日頃からの勉強が必要だと強く感じています。5月も終わると、とうとうわが町浦安でも(千葉県のほとんどの地域でも)住宅用火災警報器の既存住宅設置猶予期限が1年をきってしまいます。火災による死亡は、ほとんどが一般住宅で起きています。消防法改正にご理解をいただき、いち早く住宅用火災警報器を取付けて、安全に暮らしていただくには…。とみんなで話し合い、ホームページで販売している住警器の販売価格の大幅値下げに踏み切りました。消防設備士の想いと、会社としての収益…。どうバランスをとるべきか、いつも真剣に悩んでいるNBSです。
消防計画・意外な大仕事(A) 
5月14日月曜日 
先日、あるテナントビルのオーナー様から消防計画作成の御相談があり、今日から色々と調べ始めました。テナントビルの為、各テナントの「消防計画」とビル全体の「協議事項」が必要だという事になりました。「消防計画」とは各テナント毎に占有部を中心とした計画で、「協議事項」とはビル全体の決まり事の様な物です。各テナントの消防計画は協議事項に沿って作成されるので、まずは協議事項から調べました。
この協議事項を作成するにあたっては、「協議会」というものが必要になります。協議会の構成員は各テナントの代表者が主で、その中から「会長」、「副会長」、「統括防火管理者」等が選ばれます。
選ばれた会長の命によって、統括防火管理者が色々と細かく働きなさいという内容が、その後10ページ程に書くことになります。書類を制作していて改めて思いましたが、この「統括防火管理者」というのが一番大変な役まわりなのです。
一通り作ってみて、全体の半分は「別紙」或いは「別表」となり、意外な大仕事になりそうな予感。まだ「協議事項」しか進んで無いですが、少しでも速く、この意外な大仕事を終わらせたいと、現場好きな自分は思いがち。書類仕事の中から学ぶこともあると、己を叱咤しています。


救命講習:一歩前に出る勇気(S)
5月16日水曜日

昨日船橋救急医療センターにて普通救命講習を受講してきました。
講習は約3時間。テーマは「一歩前に出る勇気」。内容は胸骨圧迫(以前は心臓マッサージと言いました)に始まり、人工呼吸、AEDの使用方法、嘔吐物が逆流しない為の姿勢、止血方法、脳梗塞の疑いがある場合の見分け方など多岐にわたりました。
受講後の率直な感想はいかに自分があやふやな間違った知識を持っていたかということ。
そして、本当に受講して良かったということ。
1.速やかかつ的確な119通報の輪
2.救急車が到着するまでの人工呼吸、胸骨圧迫、AEDの使用などによる処置の輪
3.救急車内でのプレホスピタル活動の輪
4.病院での治療の輪
以上の4つの輪が重なって始めて蘇生のチャンスは生まれるそうです。
蘇生術の手順は以下です。
1.要救助者発見!!
2.意識の確認。要救助者の両肩(なぜ肩か?→首の損傷、脳内出血などの可能性も考えられるため)を少しずつ強く叩き、大きな声を掛けて意識があるか確認する。
3.意識無し→一人で何とかしようとせず手伝える人を探し指示を出す。
 3人いる場合一人は119通報、意識がないことを必ず伝える。
 二人目はAEDが無いか探しに行く。 3人目は呼吸の確認へ移行。
4.呼吸の確認→気道を確保し五感をフルに使って見て聞いて感じて5〜10秒で確認
5.呼吸無し→人工呼吸開始。気道確保の姿勢のまま鼻をつまみ1秒1回のペースで計2回
6.胸骨圧迫へ移行。人工呼吸がうまくいってもいかなくても胸骨圧迫を優先→酸素を送り蘇生したときに植物人間にならないようにするため乳首と乳首の間を要救助者の体が5センチくらい沈む力で30回圧迫する。一人の場合も二人の場合も人工呼吸と胸骨圧迫は2対30です。(やってみるとわかりますがかなり疲れます。疲れるとどうしても圧迫するペースがはやくなってしまいます。これを救急車が到着するまで続けるわけですから、どうしようもない場合でなければ、一人で助けようとせず、周囲に協力を求めましょう)
7.AEDが到着すれば機械の指示に従って操作します。AEDは万能機器ではなく心臓がかすかに動いて無くては使用できないので、ドラマの様なワンシーンはまずありえないのだそうです。

蘇生のチャンスは一分で7〜10%低下します。救急車が到着するまで最低でも5分(何も出来なければ蘇生チャンス50%低下)は掛かります。また最近は、高齢化がすすんだせいか救急出動が増えた為、管轄外から駆けつけることもあるそうです。
あなたの大切な家族、大切な人が倒れたらあなたはどうしますか?あたふたするだけですか?受講して損することなんてありません。しかも、☆無料です☆
その町の住人、通勤・通学者であればだれでも受講できます。時間があればぜひ受講してください!そして、一歩前に出る勇気を持とうじゃありませんか!!!


page top
消防用設備(N) 
5月18日金曜日 

HPのおかげか、消防用設備についての問い合わせを受けることが多くなった。
そして消防用設備はまだまだ一般的な知識ではないと改めて感じる。
自分の住んでいる所、就業しているところの消防用設備の設置位置等を把握している人は少ない。使用方法等を理解している人はさらに少なくなる。一度でいいので、消防訓練等には参加する機会を持って欲しいと思う。
そして私たち消防設備士は、普段意識されない設備だからこそ、半年に1回であるが、いざというときに正常に使用できるよう、きちんと手を抜かず点検することが必要になる。1人でも多くの人を災害から守るため、初心を忘れず気を引き締めて、これからも点検業務に励みたい。



page top
チームプレーの大切さ(W) 
5月21日月曜日 

去年の夏から会社のメンバーを中心とし、知り合いを集めて野球チームを発足させ(監督:中村 キャプテン:塩田)、月に一度くらいのペースでグランドを借りて練習をしている。
私自身は小学校時代に、少年野球チームに所属していたので野球には多少なりとも自信があったのだが、2時間の練習が結構辛い。普段、自分自身では点検や工事で動いているつもりだが、練習当初は次の日に軽い筋肉痛が残る程だった。ちなみに社長は頑張りすぎて肉離れを起こした事もあった。
今日は日頃の成果を試そうと、知り合いの不動産屋チームとの練習試合。ダブルプレーが出来たりファインプレーが出たりと、練習の成果は少しづつ見え始めていたが、試合には惜敗した。負けず嫌いのメンバーが多いので、今後の練習が増えるのが心配…。
試合をしていて感じた事だが、繋ぐバッティングやチームバッティングは、仕事にも通じてくるものがある。本来、団体スポーツは、チームプレーを学ぶにはもってこいの場だ。会社のメンバーとは野球でリフレッシュするとともに、オンでもオフでもチームの結束を強めて行きたい。



気になること(T)  
5月24日木曜日 
みなさん、水道局のホームページを見たことがありますか?
必ず夏になると騒ぎ出す『ダムの貯水率』・・・。私は数年前から時折、水道局のホームページでダムの貯水率をチェックしています。
日本は島国で周りは海・・・・生活に必要な水源は限られています。誰もが憂鬱な日本の梅雨だって水源の一つだと思っています。梅雨はまさに恵みの雨なのです!!
ですが、このままでは日本から梅雨がなくなってしまうかもしれません。今年はラニーニャ現象で平年より水不足が心配され、各地のダムの底は干上がってくると予想されます。
消防設備と貯水率…関係ないように思えますが、とても大切なのです。

想像してみて下さい。火災が発生し、消火に必要な水が充分に確保できなかったら…1分1秒を争う消火作業・・・・。『水不足』とは日常生活だけの問題ではありません。
是非報道に携わる方には、毎日の天気予報と同じように貯水率の告知・節水の呼び掛けをしていただきたい。
「 予想される事態を未然に防ぐ…」『いつか』の緊急時に備え、私たちの仕事も日々の積み重ねが大切だと、減り行く貯水率を見ながら感じています。


page top

 

 
 Copyright (C) NBS Engineering Inc. 1988-2008
 NBS エンジニアリング株式会社 〒279-0012 浦安市入船4-1-11 TEL047-350-5675 FAX047-380-0685
   
消防関連情報