NBSエンジニアリング株式会社




 甲種特類合格手記&傾向と対策
甲種特類の合格体験記です。試験に関する情報があまりに少なくて苦労しましたので、チャレンジする方の参考になればと書いてみました。

乙六をとった頃は、まだ昭和で、東京の試験センターでは筆記試験終了後に一旦電光掲示板による合格発表があり、その後、現物を見て答える実技試験があった。
最後の設備士試験は10年前。実技試験で75点以上とれば、筆記試験は40点で合格、なんていう実技試験重視の時代でもあった。
仕事に携わっていても普段あまり使わない数字もある。ただいま勉強中の建築のこともある(防火対象物点検のため)。そろそろ、復習しなければいけない頃かな、と思っていた矢先に甲種特類はタイミングの良い有り難い試験だった。



甲種特類の受験を決めたはいいが、試験実施内容がまだよく伝わってこないし、専門の教科書もオーム社の受験読本と突破研究のみ。こうなれば、消防設備一式全部覚え直して、防火対象物点検資格者講習テキストをマスターすれば、仕事でも無駄にはならないだろう。開き直って勉強をはじめたのは、ひと月ほど前のことだった。 随分忘れてるな、というのが勉強スタート時の第一印象。意外とやりがいあるかも知れないな、と気合いを入れ直してペースを上げた。試験勉強をはじめる直前に、折しも従業員のひとりが第2種電気工事士試験に挑戦していた。それに煽られるように少しばかり頑張ったのかもしれない。


●私が使用したテキスト
甲種特類消防設備士受験読本(オーム社)
甲種特類消防設備士突破研究(オーム社)
消防設備の知識-早わかりノート 3冊(日本消防設備安全センター)
防火対象物点検資格者講習テキスト
防火対象物点検資格者講習テキスト(関係法令・通達編)
建築消防advice(新日本法規)
建築申請memo(新日本法規)
義務講習テキスト 3冊(東京防災指導協会)
消防設備士必携(全国加除)
消防設備士の実務(東京防災指導協会)
能美防災のホームページにある「早見表」


なんだ、こりゃ!?『予混合燃焼、第1次安全区画、給気型加圧防煙設備』…。どこかに載ってたなー
消防法第17条の2の3(認定の失効)に関して、特殊消防設備等又は設置維持計画の変更の際に必要なのは?
消防長・消防署長の許可?承認?、総務大臣の許可?承認?
深い理解をを試すためか、試験全体に特定しづらい言い回しが多い。その代わり、むしろその場で考えて導き出せる答もある。そのわりに、試験時間が足りなかったという印象はない。
まだ、始まって一年足らずの試験。我々受験者が、そうであるように、試験問題自身もまだ試行錯誤をしている段階なのかも知れない。



思い出すことが出来た範囲ではありますが、試験問題の一部を記載しておきます。
順不同はご容赦下さい。

<試験日 平成17年8月7日 / 試験場所 東京>
■屋内消火栓設備の配管径・ホース接続口の構造・結合金具の呼称・呼水槽の設置条件等について
■屋内消火栓の設置基準について(耐火構造・内装制限等の倍読み、3倍読み)
■スプリンクラーヘッドの標示温度の区分と色別について
■動力消防ポンプの設置基準を問う問題
■泡消火設備の起動装置について
■フォームウォータースプリンクラーヘッドの機能・構造を問う問題
■二酸化炭素消火設備の選択弁に関する問題
■不活性ガス消火設備の音声警報等について
■二酸化炭素の性状、代替ハロンのオゾン破壊係数の有無等について
■自動火災報知設備の耐熱配線の範囲について
■自動火災報知設備の区分鳴動方式の基準について
■自動火災報知設備発信機P型1級・P型2級の共通点・相違点
■煙感知器と熱感知器の特徴比較について
■ガス漏れ警報設備の即時警報型、警報遅延型、反限時警報型の特徴について
■救助袋の開口部に関する問題
■可搬式緩降機の重さ制限について
■避難階段(屋内・屋外)、避難器具の設置免除等について
■避難器具の設置基準(用途・人数)について
■M12のアンカーネジの締付強度(トルク値)を問う問題。
■誘導灯の設置免除等に関する問題
■誘導灯の点滅機能、音声誘導機能等について
■非常コンセントの設置基準について
■既存防火対象物の大幅改修に対する既存遡及に関する問題。
■消防検査を受けなければならない防火対象物の条件
■防火対象物点検を行う資格について
■第6類危険物に対応する第3種消火設備の適応性を問う問題。
■消防法第17条の2の3(認定の失効)に関して、特殊消防設備等又は設置維持計画の変更の際に
   必要な承認について
■特殊消防設備の維持計画等について
■防災センターの設置階等について
■消防活動拠点について
■第一次安全区画、第二次安全区画について
■給気型加圧防煙設備について
■給排気ダクトの風道・温度ヒューズの作動温度等について
■予混合燃焼に関する問題
■居室内火災の特徴・フラッシュオーバー・煙の色の変化による状況の変化・プラスチック系の可燃物等
■無炎火災、一酸化炭素等について




試験を終え、確実に合格した手応えを感じていたが、合格通知が届いた時はやはりホッとした。当時、電気工事士を受けた渡部の合否が社内の最大の関心事であり、私に関しては「社長なんだから合格してあたりまえ」と明言する輩もいて、やや寂しく感じたりした(笑)。
私自身、彼の合格の方が自分の合格よりも、何倍もうれしかったのだから仕方ない。
仕事に使うために取得した甲種特類。当社のサービスの幅の拡大に活かして行きたいと思っている。